HOME>オススメ情報>何が違うの?2種類のジェルネイルの特徴を紹介

つけ心地が軽いのはソフトジェルネイル

ネイルサロン

ソフトジェルは色のバリエーションが多いので、自分の好きな色を自由に選ぶ事ができます。ジェルネイルは、マニキュアよりも長持ちがしやく、装着間も重くないのが特徴です。また、仕上がりに透明感があり、艶を長く維持する事ができるので、人気があります。ネイルのコーティング効果もあるので、爪割れが起こりにくいというのもソフトジェルのメリットです。一度、ソフトジェルネイルをした場合、アセトン溶液で溶かないと落ちないというデメリットがありますが、美しいネイルに仕上がりやすく、自爪に馴染みやすいです。越谷のネイルサロンでも、ソフトジェルネイルが多く使われています。

派手なデザインにしたいのならハードジェルネイル

女性

ハードジェルネイルは、ソフトジェルネイルよりも先に誕生したネイルです。爪を長く伸ばして、その上にストーン等を乗せてコーティングをします。ソフトジェルネイルと比べて、強度が高く、長く伸ばした爪をつけても、ヒビが入ってくる心配はほとんどありません。しかし、ハードジェルネイルは、ソフトジェルネイルと違い、溶かす事ができないので、オフにする時はファイルで削って落とす必要があります。削りすぎると自分の爪を傷つけてしまうデメリットがありますが、艶の良さはソフトジェルより良く、1ヶ月程長持ちすると言われています。